義歯(入れ歯)・顎関節症

ご自身に合った快適な入れ歯を作りましょう

ご自身に合った快適な入れ歯を作りましょう

むし歯・歯周病・事故などによって歯を失ってしまうと、硬いものが食べられなくなったり、はっきりした発音ができなくなったりと、日常生活にさまざまな支障が出てきます。そのような場合は、入れ歯などで失った歯の機能を回復させましょう。大阪府八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、患者さん一人ひとりにぴったり合った、しっかり咬める入れ歯をご提案します。

入れ歯の種類

入れ歯は、「用途」や「床部分材質」などによって、以下のように分類されます。

用途による分類

すべての歯を失った場合に使用する入れ歯を「総入れ歯」、数本だけ失った場合につける入れ歯を「部分入れ歯」といいます。

床部分の材質による分類

総入れ歯の床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使ったものは保険が適用されます。一方、ゴールドやチタンなどの金属を使ったものは自費(保険適用外)となります。

レジン床義歯(保険)の特徴 金属床義歯(自費)の特徴

メリット

  • 修理・調整がしやすい
  • 保険適用なので費用が抑えられる
  • ほとんどの症例に対応できる

メリット

  • 薄く作れるので快適な使用感を得ることができる
  • 熱伝導率が高いので、料理の温かさを感じやすい
  • ほとんどの症例に対応できる
  • 割れにくく、変形しにくい。
  • 汚れがつきにくい

デメリット

  • 薄く作れないので装着時に痛みや違和感が出ることがある
  • 外れやすい

デメリット

  • レジン床義歯に比べて費用がかかる
  • 修理が難しい
  • コバルトクロム合金を用いると金属アレルギーのリスクが高まる
保険適用か非適用か
  • 保険適用か非適用か
  • 「保険適用の入れ歯」は費用の負担が軽く済むのが最大のメリットですが、使える素材が決められているため、必ずしも患者さんの希望通りに仕上がらないことがあります。保険が適用されない「自費診療の入れ歯」はコストがかかる反面、咬みやすい、機能的、目立ちにくいなど、患者さんの希望に即したものを作れる可能性が高くなります。

    • 入れ歯1
    • 入れ歯2
    • 入れ歯3

当院の取扱い入れ歯

自費診療の入れ歯には、さまざまな種類があります。こちらでは、八尾市の「はっとり歯科」で取り扱っている自費診療の入れ歯の一部をご紹介します。

金属床義歯
金属床義歯

床にゴールドやチタンなどの金属を使用した入れ歯です。レジン(歯科用プラスチック)床の入れ歯よりも薄く軽いため、装着時の違和感が少ないのが特徴。熱伝導率が高いので、食事をおいしくいただけます。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わない部分入れ歯です。歯ぐきの部分が柔らかいピンク色のシリコンでできているため、見た目が自然です。金属アレルギーが心配な方にもおすすめです。

コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に土台となる内冠をつけて、入れ歯の外冠と合わせてフタのようにはめ込む部分入れ歯です。簡単に取り外しができるのでお手入れがしやすく、金属製のバネがないので見た目がよいのが特徴です。

フィンデンチャー

床にチタンなどの金属を使用した入れ歯です。レジン(歯科用プラスチック)床の入れ歯よりも薄く軽いため、装着時の違和感が少ないのが特徴です。熱伝導率が高いため、食事をおいしくいただけます。

マグネットデンチャー

ご自身の歯と入れ歯の裏側に磁石を埋め込み、磁力によって固定する入れ歯です。しっかり固定されるため違和感が少なく、バネがないので見た目もよくなります。

当院では保険適用の入れ歯は院内で技工士が作製し、保険適用外の入れ歯は信頼できる歯科技工所と密に連携して製作を行っています。いずれもしっかりと型を採って、ずれにくく咬みやすい入れ歯をお作りしますので、お気軽にご相談ください。

顎関節症はタイプによって治療法が異なります

顎関節症はタイプによって治療法が異なります

顎が痛い、口を開けにくい、口を開けると音がする――そんな症状がある方は、顎関節症かもしれません。「顎関節症は何科に行けばいいの?」という声もよく耳にしますが、顎に関する症状は歯科医院での治療が一般的です。大阪府八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、それぞれの症状に合わせて効果的な治療を行います。

顎関節症の5つのタイプ

顎関節症には、「顎が痛い」「口が開きにくい」「口を開けると音がする」といった3つの大きな自覚症状がありますが、日本顎関節学会では顎関節症の原因を大きく5つに分類しています。

I型 筋肉の痛みが原因
II型 顎を支える靱帯の捻挫が原因
III型 顎関節にある軟骨のずれが原因
IV型 骨の吸収・破壊によって起こった変形が原因
V型 ストレスが原因

それぞれのタイプによって治療法は異なります。当院では原因に合わせて適切な治療法をご提案しますので、つらい症状があるときはお気軽にご相談ください。

顎関節症と生活習慣

顎関節症は、生活習慣と深い関わりがあると言われています。次のことに心当たりがある方は、要注意です。

  • 「歯ぎしり」や「食いしばり」などの癖がある方
  • パンや甘いもの、硬いものなどを好んで食べる方
  • あめ玉や氷をかじる方
  • 電車で居眠りすることが多い方
  • 寝転がってテレビや読書をするのが好きな方
  • 運動の習慣がほとんどない方
  • 休みの日はごろごろ寝ていることが多い方
  • 日常的に我慢することが多く、ストレスを溜めがちな方

顎関節症に限らず、よくない生活習慣はむし歯や歯周病など他のトラブルにも大きく影響します。できることから少しずつ習慣を改善していき、健康な身体を維持していきましょう。

お悩みがありましたら
お気軽にご相談ください

pageTop