歯周病・予防治療

歯周病は全身に悪影響を及ぼす恐れがあります

日本人が歯を失う一番の要因と言われている歯周病。最近の研究では、歯周病は全身の健康とも深い関連性がある病気であることもわかってきました。大切な歯を守り、健康な毎日を送るためには、歯周病のことをしっかり知って予防することが何より重要です。大阪府八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、末長く健康な歯を維持していただくために予防に力を入れた取り組みを行っています。

歯周病の治療と予防

全身疾患との関連性
全身疾患との関連性

歯周病は従来から「糖尿病の合併症」と言われていましたが、さらに歯周病になると糖尿病が悪化するなどの関連性が明らかになってきました。その他、歯周病には脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化を誘発する可能性も指摘されています。メタボリックシンドロームや死に至る恐ろしい病気を回避するためには、歯周病の予防が重要です。

歯周病が発症・重症化を招き得る主なトラブル

糖尿病 誤嚥性肺炎 脳梗塞
心筋梗塞 早産・低体重児出産 骨粗しょう症
  • 薬で歯周病を治療する「歯周内科」

    これまでの歯周病治療では、スケーリングやルートプレーニングなどの処置に加えて口腔内のクリーニングなどで症状を改善するというのが一般的でしたが、近年では医薬品による治療も可能になりました。歯周病の原因となる細菌にはさまざまな種類がありますが、顕微鏡を使って細菌やカビの種類・量を確認し、患者さん一人ひとりに合った薬を処方することで、効果的な治療が行えます。

  • 歯周病は予防できます

    歯周病は症状の進行に気づきにくく、重度になると歯を失う恐れもある病気ですが、口腔内環境を清潔に保ち、正しい生活習慣を身につけることで予防できます。歯周病によって歯や顎の骨が受けたダメージを治療で完全に回復させることは難しいので、何よりもまず「予防」に力を入れることでダメージを受けない状態を維持することが大切です。

「はっとり歯科」で定期健診を

「はっとり歯科」で定期健診を

歯周病を予防するには、日頃から口腔内の状態を整えておくことが肝心です。効果的な予防と健康管理のために、定期健診を受診されてはいかがでしょうか? 大阪府八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、患者さんのお口に適したブラッシング指導やクリーニングなどの予防処置によって、口腔内環境を清潔に保つサポートを行っています。歯科衛生士がお口の中の小さな異状も見逃さず、歯のトラブルを未然に防ぎます。

当院の予防治療はこちら

感染経路

感染経路

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌や歯周病菌などの細菌がありません。これらの細菌は、親御さんが食事の際にスプーンやカップ、皿などを共有したり、くしゃみやキスをしたりすることによって、唾液を介して赤ちゃんに感染してしまうというケースがほとんどです。これを母子感染といいます。歯周病は感染病なので、身近な人と一緒に予防をすることで効果が高まります。

検査について

八尾市の高安駅から通える歯医者「はっとり歯科」では、歯周病の状態を確認するため、次の検査を行っています。

ポケット診査
ポケット診査

歯周ポケットの深さを測って、進行度合いを確認します。歯周ポケット(通常密着している歯と歯肉が、炎症を起こしてはがれた状態になっている部分)が深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

歯の揺度の検査

ピンセットで歯をつまんで、ぐらつき度を確認します。ぐらつけばぐらつくほど歯周病が進行しています。

レントゲン検査
レントゲン検査

歯根や歯を支える顎の骨の状態を、レントゲン画像で確認します。

治療について

歯周病の初期段階では、レーザー治療で歯周ポケットを浅くしたり、専用機器でプラークや歯石を取り除いたりといった処置で対応しますが、中等度以上に進んだ場合は、次のような外科的手治療を行います。

歯周ポケットそうは術
歯周ポケットそうは術
フラップ手術
フラップ手術
歯肉に麻酔を打ち、専用の機器を使って歯周ポケットの奥の歯石・プラーク・炎症組織を除去する治療です。歯肉は切開しません。 歯肉を切り開いて歯根を出し、奥深くにこびり付いた歯石、プラーク、その他の汚れを取り除く歯周外科手術です。

歯周病では外科的な処置が一般的ですが、当院では内服薬によって歯周病の治療を試みる「歯周内科治療」も行っています。ご興味のある方は、ご相談ください。

予防治療で治療のさまざまな負担を減らしましょう

予防治療で治療のさまざまな負担を減らしましょう

歯周病とむし歯に共通する特徴は、初期段階の自覚症状がほとんどないこと。そんな歯周病やむし歯から大切な歯を守るには、治療すること以上に予防に努めることが重要です。八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、予防治療に力を入れています。定期健診を受けていただくことで歯の病気にかかるリスクを軽減でき、もし病気が見つかっても治療を最小限に抑えることができるので、特に「痛い治療」が苦手な方は積極的にご活用ください。

予防が最重要です

歯医者は「歯が痛くなったら行くところ」というだけでなく、「お口のトラブルを予防するために通うところ」でもあります。むし歯や歯周病の自覚症状がある場合は、思った以上に進行していることが多く、治療で歯を大きく削ることになったり、治るまでに時間・日数がかかったりと、患者さんの負担が大きくなりがちです。また、治療をすると、多かれ少なかれ歯はダメージを負ってしまいます。治療費負担の増加も避けられません。

八尾市の「はっとり歯科」では、半年に1回程度の定期健診をおすすめしています。定期健診ではほとんど痛みのない初期むし歯も見つけることができ、削ることなく治すことも可能です。歯周病も早期発見で進行を食い止めることができますので、結果的に負担が軽く済みます。

定期健診

はっとり歯科の定期健診では、以下のような処置を行っています。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

予防の基本である歯磨き。患者さんのお口や歯の大きさ、歯並びなどに合わせて、各自に合った効果的なブラッシング方法を指導します。小さなお子さん連れのお母さんには、上手な仕上げ歯磨きのコツをお伝えします。

フッ素塗布
フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ります。フッ素を塗ることで酸に強い歯になるため、むし歯予防に有効です。フッ素は、果物や青魚、緑茶など、ふだん私たちが口にするものに含まれる成分なので、口に入れてもまったく害がありません。

PMTC
PMTC

歯科医院で専門機器を用いてお口の中を清潔にするクリーニングです。毎日の歯磨きだけでは落とし切れない小さな汚れまでキレイにし、ツルツルピカピカに仕上げます。歯の黄ばみや口臭などにも有効ですので、定期的に処置を受けるとよいでしょう。

お悩みがありましたら
お気軽にご相談ください

pageTop