一般歯科・小児歯科

一般歯科~少しでも気になったら歯科医院でむし歯治療を~

一般歯科~少しでも気になったら歯科医院でむし歯治療を~

「病院へ行かずに家で寝ていたら風邪が治った」という人はいても、「歯を磨いていたらいつのまにかむし歯が治った」という人はいないと思います。ある程度進行してしまったむし歯が、自然に治ることはありません。少しでも気になったら放置せずに適切な処置を受ける必要があります。大阪府八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、お子さんからご年配の方まで、患者さん一人ひとりの口腔内環境に合わせた丁寧なむし歯治療を行っています。

小児歯科はこちら

  • むし歯の原因

    「甘い物を食べるとむし歯になるよ」と、子どもの頃に言われた経験はないでしょうか? ご飯やお菓子などを食べた後は、必ず口の中に食べかすが残ります。この食べかすに含まれる糖分を栄養源としてむし歯菌が「酸」を作り出し、その酸によって歯が溶かされてしまうのがむし歯です。「甘い物を食べるとむし歯になる」と言われるのは、甘い物のほとんどに糖分が含まれているためです。

  • むし歯は早期治療が重要

    「むし歯になったときの痛みが好き」という人はいないでしょう。しかし、その痛みは自分に「むし歯ができたよ」と教えてくれる大切なシグナルでもあります。お口の中に普段とは違う感覚があったら、できるだけ早く診察を受けることが重要です。そうすることで痛みが大きくなるのを防ぐだけでなく、「できるだけ歯を削らない治療」「抜歯をしない治療」につながります。

むし歯

むし歯が自然に治ることはないとお話しましたが、ごく初期段階のむし歯の場合(C0の段階)は、進行を防ぐ適切な処置を施すことで、むし歯を削ることなく治せる場合があります。ただし、この段階では目立った症状がなく、自分では気づけないことがほとんど。早期治療のためには、歯医者で定期健診を受けて普段から口腔内の健康管理をするようにしましょう。

【院長のヒトコト】 ~エナメル質が重要です~

歯の表面(一番外側の部分)をエナメル質といいますが、このエナメル質は人体の中で一番硬い組織です。末長く健康な歯を守って行くには、このエナメル質を守ることが重要。当院では、治療においてできる限りエナメル質を残すように心がけています。

むし歯の程度による治療法の違い

大阪府八尾市の「はっとり歯科」では、むし歯の進行段階によって以下のような治療を行います。

進行段階 症状 治療法
C0
C0
ごく初期段階のむし歯です。エナメル質が少し溶け、白く濁って見えます。痛みはほとんど感じません。 適切なブラッシングや予防処置を施せば、むし歯を削ることなく治せます。
C1
C1
むし歯がエナメル質をとかし始めた状態です。特に痛みを感じることはありません。 患部を小さく削り、そこをレジン(歯科用プラスチック)や金属でふさぎます。
C2
C2
むし歯が象牙質まで進行した状態です。歯の痛みを感じ、冷たいものがしみます。 患部を削り、型を取って詰め物をします。保険外治療では、アレルギーの心配がなく見た目も自然なセラミックを選ぶことが可能です。
C3
C3
むし歯が神経まで進行した状態です。激しい痛みがあり、歯ぐきに強い炎症が生じます。 患部を削って神経を除去し、歯根の中をキレイに掃除して密閉する根管治療を行います。その後、土台を入れて被せ物をします。
C4
C4
むし歯が歯根まで達した状態です。神経が死んでいるので痛みは一時的に収まりますが、再び激痛に見舞われます。 根管治療が不可能な場合は抜歯をします。

小児歯科~乳歯のむし歯は将来に大きく影響します~

小児歯科~乳歯のむし歯は将来に大きく影響します~

子どものむし歯について話すとき、「乳歯はすぐに生え変わるからむし歯になっても大丈夫」とおっしゃるお母さんやお父さんもいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。乳歯の状態は、永久歯の歯質や歯並びはもちろん、身体や知能の発育にまで大きく影響するのです。

健康な歯は、生涯の贈り物
人が生きるためには食べ物が必要ですが、食べるためには健康な歯が欠かせません。歯の健康は、健やかに生きていくうえでなくてはならないもの。小さなお子さんの歯を丈夫に育てることは、子の幸せを願うお母さん・お父さんの使命でもあり、お子さんにとっては何よりの贈り物であると言えます。八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、親御さんと一緒に、大切なお子さんの歯を守るお手伝いをしています。

子どもの歯を守るためのメニュー

当院では、お子さんの歯を守るために次のことを行います。土曜診療に対応していますので、平日は習い事などで忙しいお子さんでも安心です。

フッ素塗布
フッ素塗布

「フッ素」は、果物や青魚、緑茶など、ふだん私たちが口にするものに含まれる成分のひとつで、歯質を強化する働きがあります。「フッ素」を歯の表面に塗ると酸に溶けにくくなるため、むし歯予防に効果的です。「フッ素」塗布は、乳歯が生える時期~小学生の期間、半年に1回を目安に行うのがベスト。その頃に塗布の習慣がある子とない子を比べると、歯のトラブル発生率に明らかな違いがあることがわかっています。

シーラント
シーラント

乳歯や生え立ての永久歯の奥歯は溝が深く、食べかすがたまりやすかったりブラッシングしづらかったりしてむし歯になりやすい状況にあります。その溝の部分に「シーラント」(フッ素入り樹脂)をコーティングすることで、むし歯を予防。この処置をする際は、数分程度お口を開けた状態になるので、それができるお子さんのみの対応になります。

【院長のヒトコト】 ~妊婦さんへ~

妊娠中はお口のトラブルが起きやすい、と言われる背景には、「ホルモンバランスの変化で歯周病になりやすい」「つわりで歯磨きができない(雑になる)」などの理由があります。生まれてくる赤ちゃんにお母さんのむし歯菌を感染させないためにも、お口の中は常に清潔にしておくことが重要です。吐き気で歯ブラシが使えない時にはうがい薬を利用する、安定期に歯の定期健診を受ける、などの工夫によって予防に努めましょう。

矯正歯科

3週間に1度 水曜日を矯正の相談日としています

3週間に1度、矯正専門医が来院するため、当院でも専門的な矯正治療を受けていただくことが可能です。お越しいただいているのは、大阪市旭区千林の歯医者「前田矯正歯科クリニック」の前田卓也院長。お子さんはもちろん、大人の矯正治療にも対応しますので、歯並びにお悩みの方はお気軽にご相談ください。お子さんの治療には親御さんの同席も可能。ご希望に合わせて、目立ちにくい矯正装置などもご提案できます。

【院長のヒトコト】「MFT療法」も取り入れています

当院では、舌癖や不正咬合を改善するために、「口腔筋機能療法(MFT)」を取り入れています。口腔筋機能療法とは、舌やお口の周りの筋肉の動きやバランスが正常になるようにトレーニングする方法のこと。正しい顎の成長や正しい咬み合わせに導くことでブラッシングがしやすくなるため、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

あいうべ体操

あいうべ体操

「気がつくと口が開きっぱなしになっている」
「顎が疲れやすい、だるい」
「花粉症や喘息など、アレルギー性疾患で困っている」


このような症状に心当たりはありませんか? その原因は、口呼吸かもしれません。鼻呼吸をしている人に比べて、口呼吸をしている人は顎関節症になりやすかったり、治りにくかったりするといわれています。顎関節症に悩まされている方は、まず口呼吸を鼻呼吸に切り替えていくことが大切です。しかし、癖になってしまった口呼吸を矯正するのは簡単ではなく、ちょっとした工夫が必要になります。

当院では、口呼吸を改善する方法として「あいうべ体操」を推奨しています。あいうべ体操を継続することで自然に鼻呼吸ができるようになり、顎関節症による痛みなどの緩和にも有効です。

あいうべ体操の方法

あいうべ体操の方法は、とても簡単。自宅でも職場でも、どこでも手軽に行うことができます。

あいうべ体操の方法

「あ」 ……口を大きく縦に開く
「い」 ……口を大きく横に開く
「う」 ……口を大きく前に突き出す
「べ」 ……舌を大きく前に伸ばす

この4ステップで1セットです。しゃべるときよりも大きく、はっきりと口と舌を動かしましょう。最初は1日30セットを目安に継続し、慣れてきたら回数を増やしていきます。口の中の乾燥が気になる方は、入浴時に行うことをおすすめします。また、顎関節症を患っていて口を大きく開くのがつらい方は、「あ」と「べ」のステップは飛ばして、「い」と「う」の繰り返しだけでもかまいません。慣れないうちはひどく疲れたり、筋肉痛があらわれることもあるので、無理は禁物。自分のペースを保って、まずは毎日続けることを目標に頑張りましょう。

マルケンバンバン

「マルケンバンバン」は、咬み合わせの矯正や治療の改善に有効な健康器具です。歯科スタッフの指導を受けながら、毎日正しい姿勢で3~5分乗るだけで咬み合わせの矯正効果が期待できます。

マルケンバンバン

姿勢の悪化が骨格を歪め、骨格の歪みが咬み合わせを悪くし、咬み合わせの悪さが顎関節症を引き起こします。顎関節症の症状を緩和したり再発を防ぐためには、歯や顎の状態を改善するだけではなく、全身の骨格や姿勢を矯正することが重要なのです。

お悩みがありましたら
お気軽にご相談ください

pageTop